FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製品レビュー & お勧め製品



私が実際に使ってみて、特に気に入った製品を、ピックアップして紹介します。

家電製品
[SHARP] プラズマクラスターイオン発生機 IG-A100
[Panasonic] パナソニック 加湿空気清浄機 F-VXE40
[三洋電機] 緊急地震速報サービス対応コードレス留守番電話機 TEL-LANW60
[富士フイルム] デジタルフォトフレーム DP-70SH
[KENWOOD] CD/MD/SD/USB搭載コンポ UD-A77
[タイガー魔法瓶] 電気フライヤー はやあげ CFE-A100
[象印] 電気ケトル CK-BA10
[ELECOM] ACアダプタを4個つなげるケーブル T-AD4BK

パソコン
[CREATIVE] ポータブルデジタルオーディオプレーヤー ZEN Stone ZN-STK2G
[SONY] 非接触ICカードリーダー/ライター RC-S330
[BUFFALO] 業務用増設メモリ MVシリーズ
[トレンドマイクロ] ウイルスバスター2009 3年版

メンズブランド
[TUMI] ビジネスバッグ TUMI 26141
[ブルガリ] BVLGARI 20253 型押し二つ折り財布



スポンサーサイト

[DRETEC] クッキング温度計 「グリエ」 ホワイト O-219WT

タイガーの電気フライヤー はやあげ CFE-A100-T のお陰で簡単に揚げ物料理ができるようになり、毎週末のように家族で揚げ物料理(主役はビールですが)を楽しんでいますが、この はやあげ CFE-A100-T の唯一の不満点は、油の温度が適温になったことを示す表示ランプが付いていないことです。電源プラグ付近にパイロットランプがありますが、電源プラグを差し込むと点灯する通電表示のみとなっています。電源を入れてから15分程度で適温になりますが、やはり適温になったことをランプで知らせてくれる方が便利です。また、油の保管状況にもよりますが、夏と冬では加熱前の油の温度が違うため、適温に達するまでの時間も異なってくると思います。また、一度温まれば適温を維持してくれるのですが、冷凍食品などを一度に多く揚げると、やはり油温が下がるので、目安として適温表示が欲しかったです。

上記のような不満点がありましたので、DRETECの クッキング温度計 「グリエ」 ホワイト O-219WT を購入してみました。価格が安いので、あまり期待はしていませんでしたが、結果として、私の用途であれば十分で、更に揚げ物料理が快適になりました。はやあげ CFE-A100-T に食材を投入する前に、念のため油の温度を確認しておくことで、安心して揚げ物を開始できるようになりました。

この クッキング温度計 「グリエ」 ホワイト O-219WT の測定方法は非常に簡単で、電源ボタンを押して電源を入れ、棒状の金属部分の先端を油の中に付けて液晶の表示温度を確認するだけです。温度を測定している間は、ずっと手で持ち続けいている必要がありますが、揚げ物を開始する前の確認用途のみなので、特に問題はありません。測定を開始してから表示温度が安定するまでに少し時間が掛かりますが、まあ許容範囲内です。使用後は先端部を軽く洗って拭くだけなので、お手入れも簡単です。また、先端部は先が尖っているのですが、キャップが付いているので、保管時も安全です。

タイガーの電気フライヤー はやあげ CFE-A100-T の不満点を補うことができ、非常に満足できる買い物だったと思います。







[パナソニック] 天ぷら油クリーナー レッツフライ

タイガーの電気フライヤー はやあげ CFE-A100-T を購入して揚げ物料理を楽しんでいますが、揚げ物料理では、使用済み油の処理が問題となります。毎回、新しい油を使用すれば、いつも美味しい揚げ物が出来ますが、やはり不経済ですし、環境にも優しくありません。しかし、何度か同じ油を再使用すると、明らかに揚げ物の味が落ちるので、不満足でした。また、使用済み油の保管場所も問題になります。万一、こぼれたりしたら大惨事です。何か良い方法はないかとネットで色々と調べていると、パナソニック 天ぷら油クリーナー レッツフライ TK801P-H という製品があり、良さそうだったので、購入してみました。

本製品には、濾過容量の違いで 1.0リットル タイプ0.6リットル タイプ の2種類がありましたが、私の場合、使用しているタイガーの電気フライヤー はやあげ CFE-A100-T で毎回1.0リットルの油を使用するので、迷うことなく、1.0L タイプ を選択しました。
使い方は非常にシンプルで、本体にフィルターとカートリッジをセットした後、本体上部から使用済み油を入れるだけです。あとは、フタを締めてそのまま置いておけば、フィルターとカートリッジによって少しずつ油が濾過されて、本体下部のオイルポット部分に綺麗になった油が落ちていきます。油が熱いまま入れても大丈夫なので、料理を食べて、後片付けの際に、すぐに利用できて便利です。なお、取扱説明書では180℃以下(火を消して10分以上立ってから)と記載されているので、揚げた後、すぐに利用するのは避けたほうが良いでしょう。

本製品には、付属品として、消耗品のカートリッジ1個とフィルター10枚が同梱されているので、すぐに使用することができます。なお、フィルターは毎回交換、カートリッジは10回に一度交換となっています。フィルター10枚を使い切ったら、カートリッジも交換すれば良いので、分かり易く、カートリッジの交換忘れを避けることができます。
ちなみに、交換用カートリッジは、TK-CT10C5(カートリッジ5個+フィルター50枚入り)、または、TK8801(カートリッジ2個+フィルター20枚入り)が使えます。本製品では、カートリッジとフィルターが必須になるので、常にストックを切らさないように、早めに購入するようにしています。

お手入れは、本体がステンレス製なので、油が付いても拭くだけでピカピカになるので大変良いと思います。また、非常にシンプルな構造なので、長く使えそうです。

本製品のネックは、やはり価格でしょう。本体もそれなりの値段がしますし、定期的にフィルターとカートリッジを購入しなければならないので、ランニングコストも発生します。
しかしながら、この パナソニック 天ぷら油クリーナー レッツフライ TK801P-H のお陰で、毎回、美味しい揚げ物料理が楽しめますし、使用済み油の処理が最低限になるので、環境にも優しいと思います。
我が家では、タイガーの電気フライヤー はやあげ CFE-A100-T との組み合わせで、毎週のように、家族で揚げ物料理を楽しんでいます。







[キングジム] システムケース テプラPRO SR9H

キングジム(KING JIM)のラベルライター テプラPRO SR550 を収納するためのケースとして システムケース SR9H を購入しました。本当は、システムトランク SR9BTA または システムバッグ SR8B が欲しかったのですが、さすがに予算オーバーです。せっかく安く購入したテプラ本体なのに、収納ケースに対して、そこまでの投資は出来ません。

いささか妥協した感じで購入した システムケース テプラPRO SR9H ですが、 実際に使ってみたところ、値段の割には良くできており、十分満足できるものでした。

材質は、クリアファイルなどで用いられているPP(ポリプロピレン)なので、高級感は全くありませんが、その構成は非常に良く考えられており、一般的なA4ボックスファイルサイズの中に、テプラ本体、ACアダプタ、テープカートリッジ(12mm幅のテープであれば10個)が綺麗に収納できます。正しい向きで収納しないとシステムケースの蓋が閉まらなくなるので、最初は少し戸惑いましたが、それだけ、スペース的に無駄のない構成になっていると思います。また、印刷済みラベルの整理用ファイルも付属しているので助かります。

これまでは、テプラを使う度に、購入時の箱に戻して収納していたのですが、色々と追加購入したテプラ用テープなども併せて収納でき、テプラを使用したいときには、この システムケース SR9H のみを持ち出せばよくなったので、かなり利便性は向上しました。

また、A4ボックスファイルサイズというのが個人的にはジャストサイズで、立てて本棚等に収納することができるで非常に便利です。私の場合、無印良品のPPケースやPPファイルなどのラベリングを主目的として、テプラPRO SR550 を購入したので、それらと一緒にクローゼットの中の本棚に並べていますが、同じPP製なので、見た目の相性はバッチリです。

このように、最初は妥協した感じで購入した システムケース SR9H でしたが、手頃な価格でコストパフォーマンスが良いので、お勧めできる製品だと思います。







[キングジム] テプラPRO SR550

キングジム(KING JIM)のラベルライター テプラPRO SR550 を購入しました。

10年以上使用していたテプラがついに壊れたために買い換えましたが、以前のものが廉価版だったこともあり、機能が多くて感動しました。この テプラPRO SR550 は、インデックスラベル作成機能や備品管理ラベル作成機能、ケーブルラベル作成機能など、ビジネス用途を意識した機能が多いですが、家庭用としても非常に便利に使えています。

特に、液晶も大きく、キーボードがプラスチックになっており、更には予測入力機能付きのATOK(日本語入力システム)まで搭載されているので、以前に私が使用していた旧式のテプラと比較すると、入力が格段に楽になりました。

電池とACアダプターの両対応になっていますし、カド丸仕上げ機能が搭載されているのも助かります。

我が家では、無印良品のポリプロピレンのファイルを多数愛用しているのですが、このファイルにテプラでラベルを貼ると、シンプルかつ実用性も高く整理できるので、大変重宝しています。

購入にあたっては、下位機種の テプラPRO SR150テプラPRO SR250 も考えたのですが、 長く使うものなので、最終的に テプラPRO SR550 を選択して良かったと思います。
正直なところは、テプラPRO SR950 がデザインは好みだったのですが、流石にかなり価格が上がってしまうため、私の用途では、この テプラPRO SR550 がベストチョイスだったと思います。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。