FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャープのLED電球

家電Watch に、シャープが一般家庭用LED照明事業に新規参入し、戦略価格の
LED電球を発売するという記事がありました。




LED電球は、省エネ、長寿命、即点灯などの優れた特徴を持っています。

低消費電力で、40W形で電気料金1円分で約11時間使用可能とされています。
また、1日10時間使用で、10年以上交換不要となっています。
特に、階段や吹き抜けのダウンライトなど、高所で電球交換が困難な場所には
最適の電球だと思います。

我が家では、電球交換の度に、従来の白熱灯から電球形蛍光灯に徐々に
切り替えてきましたが、電球形蛍光灯では、冬場の寒い時期には、明るく
なるまでに時間が掛るという、非常に厄介な問題がありました。

これに対して、LED電球は半導体であり、低温特性が優れているため、
スイッチを入れた瞬間にフル点灯可能だそうです。

そのような理由もあって、以前からLED電球に注目していたのですが、
まだまだ価格が高く、購入するのに二の足を踏んでいました。

そこへ、シャープから今回のLED電球の新発売です。
嬉しいのは、後発メーカーのため、戦略的な価格設定となっているそうです。
現在発売されている他社のLED電球と比較すると、確かに安いです。

40W形の DL-L401L/DL-L401N や、60W形の DL-L601L/DL-L601N が、
なんと、驚きの実売価格 3,000円台 です。
この価格であれば、十分許容範囲内です。

残念なのは、今回はE26口金タイプのみとなっていることです。
我が家には、E17口金のミニクリプトン電球を6個使用したお洒落な(?)
デザインライトがあります。
デザインに惚れこんで購入したのですが、これが結構、発熱します。
夏場には、周囲がモワッとするほど熱いんです…。
以前、このミニクリプトン電球を、E17口金の電球形蛍光灯に交換しようと
思ったのですが、購入後にフレームに接触して取り付けられないことが
判明し、泣く泣く諦めました。
このようなデザインライトに使える安価なLED電球を待っています。

コストパフォーマンス的には、まだまだ電球形蛍光灯の方が上なのかも
知れませんが、個人的にはLED照明には大きな可能性を感じています。
シャープの新規参入によって、LED照明市場が活性化して、今後、更に
価格が低下することを期待したいと思います。







スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。